スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ai
スポンサー広告  

takaosan
朝、5時起き。
いつものお弁当作り、きょうは、3人分。
わたしは、友達と高尾山に登るのだ。
水筒にお茶も入れて、リュックに詰めて、着替えも入れて、帽子もかぶって出発。
パーカーに、ジーパン、キャップ姿の自分が珍しくて、気分は男の子で、なんとなくガラスに映る自分をみながらニヤリとする。『こういうのも、いいな』なんて思いながら。

電車に揺られ、高尾山口まで。ツバメがひゅんひゅん飛んでいる。
大きい天狗の鼻をなんとなくさすった。
このことを、あとで友達に言ったら、『やってると思った』と言われる。『そうなのか?そうなんだ?!』

9時過ぎから、登山。
小学校の遠足から、中高年の山登り好きまで、けっこう大勢の人がいる。
約1時間の道のり、休憩をはさみつつ、話しつつすすむ。
木漏れ日がキラキラで、緑は光に透けてめいっぱいの発色をしてた。
トリはよく鳴いて、一歩ずつすすめる足の下の枯れ葉はザクザク言う。

気持ちのいい空気で歩き進めていくとだんだんと暑くなってくる。
パーカーを脱ぐ。・・・・歩く歩く。

山頂まで最後の階段、なにせここが一番きつかった。
山道よりも、まっすぐそびえ立つハシゴみたいな階段は心臓が破けそうで、顔がぼぼぼぼっぼって火照って、ゆでだこ状態。
小学生と励ましあいながら、なんとか頂上へ!

なんて達成感なの?!!!

いそいそと場所を探してシートをひき(もちろん友達が)、座椅子を広げ(これも友達)、お昼タイム。
スパムおにぎりを持ってきてくれて(友達)、私はおかずを広げる(やっと、私!)
暑かった体から汗が引き、だんだん落ち着いてくる。
おにぎりも、卵焼も、ブロッコリーも、小松菜とごぼうのお浸しも、ポテトサラダも、唐揚げも、プチトマトもゆっくり、ぱくぱく食べた。

食後にはなんと、コーヒーを煎れて(もちろん、友達がお湯を沸かして人生初のティーバック入りコーヒー)くれて、ほっと一息(本当に、ほんっっとうに美味しかった!)、3時間ぐらい休憩した。
友達のリュックは、何でもできそうなくらい色々出てきて、尊敬。(でもコンパクト)

写真を撮ったりして、人生初の山バッチなるものを買い、天狗焼き(たいやきみたいな、黒豆餡の天狗の形)を食べ、下山。
山登りは下りがたいへんだ。わたしは、ナンの変哲もない階段で転んで、右足をグギッ!とした。
そのあと、別の場所で景色を眺め、伸びをしながら手を下ろしたら、カメラを持っていた友人の手に当たり、カメラを振り落としてしまった・・・。あぁぁぁ、こういうとき、調子に乗って、失敗する経験をする。いつものことながら、テンションががっくり落ちる。
・・・が、『そういうaiちゃんってことで、大丈夫さ』と言われ、すぐに回復。

許してくれた友人に感謝しながら、亀も驚くほどのスローペースで下山。
どんなに追い抜かれても、また転べば意味はない。超マイペース。

自然は、おっきくて、気持ちよくて、最高だった。

アウトドアはまだまだ初心者だけれど、これからもっと楽しめそう。意外にがんばれた自分にうれしくなって、また登ろうかななんて思う。
エネルギー充電、完了です。
スポンサーサイト
ai
ライフ   2 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。